コロリー

2017年05月09日

VIO 脱毛 後悔

VIO脱毛をして後悔するのは、多くの人が思っているより痛みが強いことです。

デリケートゾーンの皮膚は薄いため、痛みを感じやすい人が多いです。
フラッシュ式(光)であれば、まだいい方ですがレーザーや針脱毛になると耐えられなくて途中で止めてしまう人もいるそうです。

また、思っていた形にならなかったり、残す部分を少なくし過ぎてしまって後悔する、というパターンもあります。
彼氏から指摘されたり、友達と温泉に行ったときに恥ずかしい思いをしたというのも、あるあるです。

後悔したくない場合は、まずはフラッシュ式をしてみて、痛みに耐えられそうであれば、医療用のレーザー式で部分的に永久脱毛を検討、という流れがいいと思います。
きれいになってくると、もうちょっとしてみようかな、という気になってしまうものですが、そこはぐっとこらえて、よく考えた上でのデザインになるようにしましょう。

レーザーでツルツルの永久脱毛にすると、かなりすっきりして気分がいいそうですが、歳を取ってもそのままなので、後悔する人もいるようです。
永久脱毛の場合は、スタッフとも相談しながら、特に慎重に範囲を決めた方がいいです。
posted by ヘア子 at 23:29| VIO 脱毛 後悔

2017年05月07日

VIOとは

VIOとは、デリケートゾーンの毛、アンダーヘアのことをいいます。

アルファベットは、何かの頭文字というわけではなく、それぞれの場所の形を表しています。
Vは、股の三角形の部分、パンティーライン、ビキニラインを表していて
Iは、股の間、女性器周辺を指します。
Oは、お尻の穴、肛門周囲のことです。

毛の濃さや、あるかないかという違いはそれぞれですが、自己処理が難しく、清潔に影響があるのはみんな同じです。

また、この部分の脱毛のことをハイジニーナ脱毛と呼ぶこともあります。
これは、英語のハイジーン(hygiene;衛生)からきているそうです。
posted by ヘア子 at 23:28| VIO とは

2017年05月06日

VIO 自己処理

VIOの自己処理って難しいですね。

鏡を使っても分かりにくいし、形もどういう風に整えるのがきれいなのか、わたしはよく分かりませんでした。
きれいに形を整えられないなら、まだいい方で
腕や脚がつったり(笑)、けがをしてしまったら最悪です。

お風呂場で長時間いると、体も冷えるし時間ももったいないです。

恥ずかしい部分だから人に見せたくないというのは分かります。
大事なところだから自分でしたい、というのもあるかもしれません。

だからこそ、短時間で済ませられるプロに任せるんです。

自己処理を安全にするのは難しいし、すごく時間がかかる。
しかも、肌が荒れたりするから、後で黒ずんできたりして後悔の元になりかねない。

そんなことになったら、人に見られる度に恥ずかしく思ってしまうかもしれません。
元々見られるのが恥ずかしい部分だからこそ、短時間だけプロに任せて
きれいにしてもらって、見られたときに恥ずかしく思わずに済む方が大事なんじゃないでしょうか。

安全かつ短時間で、清潔きれいになりたいなら、プロに任せた方がいいです。
posted by ヘア子 at 17:25| VIO 自己処理
VIO」の先頭へ