コロリー

2017年05月18日

VIO 処理

VIOの処理は、自分でやるのは大変です。

鏡を使っても見えづらいので、うまくできたつもりでも、後から見るとそうでもなかったり・・・
デリケートな部分なので、丁寧に手入れしないと、自己処理が黒ずみの原因にもなりかねません。

自宅で脱毛する場合はまず剃ってみて、鏡で見るだけでなく、デジカメで角度を変えながら撮って、後で見返してから決める、というのが大事です。
鏡で見ると、だいたい同じような距離でしか見えませんが、デジカメは置く場所や距離を変えて撮影できるので、客観的に見ることができます。

デジカメを持ってない人は、スマホで代用しようとするかもしれませんが、それは情報が漏れる可能性があるのでやめた方がいいです。
得意な人からすると、ネットにつながる割にセキュリティの甘い、スマホから情報を抜き取るのは意外と簡単なんだそうです。

ちょっと話がそれましたが、要するに、自己処理は安い代わりに手間暇がかかる、ということです。
時間のあるときに、少しずつ進めていくのには、いいかもしれません。
posted by ヘア子 at 23:26| VIO 処理

2017年05月17日

VIO 黒ずみ

VIOの黒ずみって困りますよね。

普段あまり目にすることがないので、ふと見たときに「えっ、こんなに黒ずんでたの!?」っていう経験は誰しもあると思います。
わたしも、初めて鏡を使って見たときは衝撃でした。
内側はともかく、外側が特に黒ずんでいて、なんでだろう・・・って思ったのを覚えています。

実は、この黒ずみの原因は下着なんです。

デリケートゾーンに下着が擦れることで、肌が刺激されて、メラニンという黒い色素が生成されます。
本来であれば、メラニンが生成されても、日焼けした肌が元に戻るように、デリケートゾーンも肌が白くなっていくはずですが、下着はずっと着けているものなので元に戻るひまがありません。
かといって、下着を着けないわけにはいかないし・・・

下着を着けたままで、デリケートゾーンのケアができるものとしては、イビサクリームがあります。
今のままでは、誰かに見られたときに恥ずかしい、と思うようなら使ってみるのもいいかもしれません。

posted by ヘア子 at 20:51| VIO 黒ずみ

2017年05月15日

VIO 脱毛 形

VIO脱毛は、形を自由にデザインできます。

自然なままの範囲にして形だけを整えるのか、肌を見せて毛の量を少なくするのか、やり方はいろいろあります。
人によって見方が違いますし、いったん完成してしまうと、何か月か経たないと元に戻らない、ということに気をつける必要があります。

わきは無毛地帯となっている人も、アンダーヘアはそうとは限りません。
どういうデザインにするのか写真などで確認して、店員さんに聞いたりして、後悔しないようにしましょう。

サロンは基本的にフラッシュ式(光)脱毛なので、ほとんどの人はしばらくすれば毛が復活します。
そのため、形が気に入らなかった場合に、やり直しができます。

永久脱毛の場合そうはいかないので、はじめは剃ってみたりフラッシュ式にして、試した方がいいです。
画像で見るのと、現実に自分の姿として見るのは、イメージが変わってきます。

人工的すぎるのは、男性受けしないという話もあります。
恋人ほめてもらいたい場合は、先に意見を聞いておくのも一つの手ですね。

希望通りの形にするには、約数か月の時間が必要です。
大まかな形から、だんだん希望に近づけていくのがいいと思います。
posted by ヘア子 at 21:05| VIO 脱毛 形
VIO」の先頭へ