コロリー

2017年06月19日

VIO とは 男

男性の場合、VIOとはどこを指すのか、ちょっと戸惑ってしまいますね(^^;)。

でも、場所としては女性と同じです。
鼠径部と言われる、脚の付け根の部分、ビキニの前のひもが通るあたりがV。
そして、股の間がIで、肛門周囲がOです。

アルファベットは、それぞれの体の部分を形で表していて、なにかの頭文字というわけではありません。

男性の場合は、女性とはついているものが違いますが、この部分に関しては形がほぼ同じですね。
性別によって呼び方が変わらない、というのは当たり前のようですが、名前の由来が形状に関するものだと、ちょっと心配になってしまいますね。

最近では、男性もこの部分を処理する人が増えているようなので、もっと呼び方がみんなに知られるようになるかもしれません。
そうなってくれば、由来はどうでもよくなりそうですね。
タグ:ビキニ
【VIO とはの最新記事】
posted by ヘア子 at 23:30| VIO とは

2017年06月04日

VIO 脱毛 回数

VIO脱毛の回数は、人によりますが、医療脱毛でだいたい5回〜8回。



3回ぐらいから効果を実感する人もいるので、人によってはかなり早く完了するかもしれません。
ここみたいに、仕上がりに満足した時点で、残りの回数分を返金してくれるところは、良心的ですね。
体質によって、脱毛の効果は全然違いますから。

スピード完了プランなら、2カ月に1回の照射が可能。
全8回でも14カ月で仕上がります。
今からなら、来年の8月までに完了しますね。

都合が悪くなった時のキャンセル料もいらないし、解約手数料もなし。
敏感肌で、レーザーを当てるのが心配なら、0円でテスト照射も受けられます。

他にも、医療脱毛なのに、初診料0円、再診料0円、当日の処置後に必要なお薬代0円もうれしいです。

エステの脱毛は、効果を感じるまでにもっと回数が必要な上に、完了しない(また生えてくる)ので、回数をカウントするのは微妙ですね。
posted by ヘア子 at 18:27| VIO 脱毛

2017年05月27日

VIO 自己処理 やり方

VIOの自己処理のやり方についてです。

自己処理の場合、けっこう頻繁にする必要がありますが、人に見られなくていいというのが大きなメリットですね。
やり方について書いてあるサイトも多いので、できれば自己処理で済ませたい、という人が多いんじゃないでしょうか。

必要なものは、水性ペンやはさみ、シェーバー、鏡です。温めるために蒸しタオルを使ったり除毛クリームを使う人もいますね。あとは、処理後の保湿ローション・クリームなどでしょうか。

やり方としては、まず形を決めます。
多くの人は小さめの逆三角形にしますが、卵型や長方形、ハート形もかわいいですね。

自己処理の場合、特に最初に決めた形からズレてくることが多いので、水性ペンなどで形を書き込んでおくといいです。
後は、はさみやシェーバーなどを使って、決めた形に整えていくだけです。

慣れたら簡単かもしれませんが、それまでは鏡の当て方やシェーバーの角度など、難しく感じるかと思います。
でも、きれいにできたら、蒸れることも少なくなって、水着や下着からはみ出ることもなくなるので、すっきりできます。
定期的に行う必要はありますが、慣れてくるとすぐにできるので、時間的にも経済的にもいいかもしれませんね。
タグ:水着 下着
posted by ヘア子 at 20:21| VIO 自己処理
VIO」の先頭へ